【2020年2月版】新潟県 赤倉温泉の温泉関連ニュース

新潟県 赤倉温泉の温泉関連ニュースをまとめました。2020年2月版です。

「たいまつ掲げ、駆け回る 最上・赤倉温泉でお柴灯まつり」「たいまつ掲げ、駆け回る 最上・赤倉温泉でお柴灯まつり」「PR新潟・赤倉温泉 赤倉ホテル」「被災者対象 赤倉温泉を無料開放 台風19号 11月末までの平日」「被災者対象 赤倉温泉を無料開放 台風19号 11月末までの平日」など12件のニュースをご紹介しています。

たいまつ掲げ、駆け回る 最上・赤倉温泉で「お柴灯まつり」

たいまつ掲げ、駆け回る 最上・赤倉温泉で「お柴灯まつり」47NEWS

(2020年1月11日 - 47NEWS)

たいまつ掲げ、駆け回る 最上・赤倉温泉で「お柴灯まつり」

たいまつ掲げ、駆け回る 最上・赤倉温泉で「お柴灯まつり」47NEWS

(2020年1月11日 - 47NEWS)

【PR】新潟・赤倉温泉 赤倉ホテル

【PR】新潟・赤倉温泉 赤倉ホテル観光経済新聞

(2019年10月31日 - 観光経済新聞)

被災者対象 赤倉温泉を無料開放 台風19号 11月末までの平日

被災者対象 赤倉温泉を無料開放 台風19号 11月末までの平日47NEWS

(2019年10月29日 - 47NEWS)

被災者対象 赤倉温泉を無料開放 台風19号 11月末までの平日

被災者対象 赤倉温泉を無料開放 台風19号 11月末までの平日新潟日報

(2019年10月29日 - 新潟日報)

復興願い感謝込め 赤倉温泉の宿8軒が温泉を無料開放 長野県千曲川氾濫被災者対象

復興願い感謝込め 赤倉温泉の宿8軒が温泉を無料開放 長野県千曲川氾濫被災者対象上越タイムス社

(2019年10月28日 - 上越タイムス社)

お隣長野の被災者に温泉無料開放 妙高市の赤倉温泉旅館8軒|上越タウンジャーナル

お隣長野の被災者に温泉無料開放 妙高市の赤倉温泉旅館8軒|上越タウンジャーナル上越タウンジャーナル

(2019年10月27日 - 上越タウンジャーナル)

赤倉温泉、3旅館が「蕎麦御膳」提供 芭蕉訪問330年で企画、来月末まで

「おくのほそ道」紀行の道筋に当たる最上町の赤倉温泉で、旅館の若旦那たちがそば打ちの腕を磨いている。今年は俳人松尾芭蕉が最上を訪れて330周年。芭蕉が紀行の ...

(2019年8月18日 - 47NEWS)

新潟・妙高のホテル太閤、ペット同宿の客室新設

新潟県妙高市の赤倉温泉にある温泉旅館、ホテル太閤(妙高市)が新たな宿泊客開拓に乗り出した。冬季以外の稼働率が低迷していた南館にペットと同宿できる客室を新設 ...

(2019年7月26日 - 日本経済新聞)

ITADAKIツアーズ&カフェ メーン通りに開店 外国人客増に一役 妙高市赤倉温泉

外国人のスキー、スノーボード客でにぎわう妙高市赤倉に「ITADAKI(イタダキ)ツアーズ&カフェ」が、オープンした。赤倉温泉のメーンストリートに面しており、コーヒーや ...

(2019年1月12日 - 上越タイムス社)

【TJ調査隊】外国人にも大ウケ 赤倉温泉「うどんの歩」のイカスミアルプスうどん|上越タウンジャーナル

新潟県妙高市の赤倉温泉街に、「イカスミアルプスうどん」というイカスミを入れた真っ黒スープのうどんを提供している店があり、一度食べたらやみつきになるという噂を聞い ...

(2018年12月19日 - 上越タウンジャーナル)

代行し外国人オーナーを手助け 妙高・赤倉温泉 宿泊施設向け

新潟県妙高市の赤倉温泉で近年増えている外国人経営の宿泊施設向けに、日本語で飲食店の予約などを代行するサービスが始まった。日本語が不得手な外国人オーナー ...

(2018年11月28日 - 新潟日報)

赤倉温泉とは

赤倉温泉(あかくらおんせん)は、新潟県中頸城郡妙高高原町赤倉にある温泉。

岡倉天心や与謝野晶子など数多くの文化人に愛された景観美が自慢。大正から明治時代にかけて開発されたリゾート地として現在も幅広い年齢層に人気。妙高高原最大の温泉地として冬はスキー&スノボ、春・夏・秋は妙高山へのトレッキングやゴルフ、テニス等のスポーツが楽しめます。

赤倉温泉の詳細はこちら

新潟県中頸城郡妙高高原町赤倉

にっぽんの温泉100選 選出歴

2018年(32回) 選外
2017年(31回) 選外
2016年(30回) 選外
2015年(29回) 選外
2014年(28回) 選外

近隣のおすすめ温泉旅館&ホテル

山梨県 西山温泉

西山温泉(にしやまおんせん)は、山梨県南巨摩郡早川町清岡にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第99位にも選ばれた人気の高い温泉。

長野県 地獄谷温泉

地獄谷温泉(じごくだにおんせん)は、長野県下高井郡山ノ内町平穏にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第38位にも選ばれた人気の高い温泉。

新潟県 越後湯沢温泉

越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)は、新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第86位にも選ばれた人気の高い温泉。開湯800年の歴史をもつ越後湯沢温泉は、川端康成の小説「雪国」の舞台としても知られています。新幹線、車(高速道路)ともにアクセスがよく、冬のスキー・スノーボード以外にも、トレッキング・郷土料理・地酒など、一年を通して楽しめます。また気軽に入れる外湯も充実しています。

新潟県 月岡温泉

月岡温泉(つきおかおんせん)は、新潟県北蒲原郡豊浦町月岡にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第16位にも選ばれた人気の高い温泉。美人を作る温泉として知られる月岡温泉です。美肌効果のある硫化水素泉で街はほのかに硫黄の香に包まれています。温泉街には大小24軒の旅館が立ち並びます。料理には新潟の山海の旬の幸がふんだんに使われ、目と舌を喜ばせてくれます。辺り一面を染める「田んぼに沈む夕陽」は最も新潟らしい風景の一つです。

新潟県 瀬波温泉

瀬波温泉(せなみおんせん)は、新潟県村上市瀬波温泉にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第52位にも選ばれた人気の高い温泉。日本最北の茶所・城下町風情を残す村上市より車で約10分。日本海に沈む夕陽が美しい事で知られている瀬波温泉です。目の前の海で取れる新鮮な魚料理や最高賞受賞の村上牛などが会席で楽しめます。また、三面川を秋から冬にかけ遡上する鮭料理も伝統の味の一品です。美味しい地酒もあります。

山梨県 富士河口湖温泉郷

富士河口湖温泉郷(ふじかわぐちこおんせんきょう)は、山梨県南都留郡河口湖町船津にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第76位にも選ばれた人気の高い温泉。河口湖では「天水の湯」、「霊水の湯」、「芙蓉の湯」、「麗峰の湯」の4つの源泉が湧出していて、湖畔沿いには富士山と湖を眺めながら温泉が楽しめる露天風呂や展望風呂を備えた旅館、ホテルが点在。富士の恵み豊かな温泉を湛えた湯船に身を委ね、春は桜と富士山、夏は夕闇に浮かぶ富士山の山小屋の灯火、秋は紅葉の山並みと初雪の富士山、冬は雪景色の富士山を眺められます。

山梨県 下部温泉

下部温泉(しもべおんせん)は、山梨県西八代郡下部町にある温泉。2015年「にっぽんの温泉100選」第96位にも選ばれた人気の高い温泉。武田信玄の隠し湯として知られる下部温泉です。単純鉱泉の湯温は約32℃。何もせず、じっくりと湯に浸かり身体や気持ちのコリをほぐす。下部川の清流を臨み、山間にひっそりと佇む温泉街は派手な観光化もされていない忘れ去られたような場所に湯宿が並びます。飲泉も楽しめ、効能は東の横綱とも言われています。

山梨県 石和温泉

石和温泉(いさわおんせん)は、山梨県東八代郡石和町にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第59位にも選ばれた人気の高い温泉。果実の国甲府盆地のほぼ中央に位置し、大菩薩連峰や南アルプス、富士山などに囲まれた美しい湯の町石和。昭和36年にぶどう畑の中から湧出したアルカリ性単純泉の温泉が楽しめます。県内の観光拠点に便利。春は桜や桃の花が一面をピンクに染め、初夏からはさくらんぼや葡萄狩り、花火や鵜飼いが楽しめます。

長野県 昼神温泉

昼神温泉(ひるがみおんせん)は、長野県下伊那郡阿智村昼神にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第35位にも選ばれた人気の高い温泉。名古屋から車を走らせること90分。園原ICを降りてわずか10分のところにある南信州を代表する一大温泉地です。周囲は山に囲まれ、天竜川支流の阿智川の渓流沿いに大小25の宿が湯煙を上げます。アルカリ性単純硫黄泉のこのお湯は「美人の湯」としても知られ、つるつるの肌触り。リウマチや糖尿病にも効果があると言われています。

長野県 白骨温泉

白骨温泉(しらほねおんせん)は、長野県南安曇郡安曇村白骨にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第39位にも選ばれた人気の高い温泉。鎌倉時代に湧出したという、数百年の歴史を持つ名湯です。山間にひっそりと佇む秘湯は古くから文人墨客に愛されてきました。「白骨」の呼び名も中里介山の小説「大菩薩峠」に登場したのが発端。単純硫化水素の湯は湯口では透明に近く空気に触れると白濁になります。その効能は「三日入れば風邪をひかない」といわれる程。

長野県 扉温泉

扉温泉(とびらおんせん)は、長野県松本市入山辺扉にある温泉。2014年「にっぽんの温泉100選」第94位にも選ばれた人気の高い温泉。松本駅から車で40分、薄川に沿った閑静な山の温泉です。天の岩戸を開いた天手力雄命が戸(扉)を戸隠神社に運ぶ途中、ここで休んだという神話に由来するこの温泉は「東の扉」「西の白骨」ともいわれていて、胃腸の名湯として有名です。松本市から美ヶ原高原、ビーナスラインへ行く玄関口あります。泉質は単純温泉です。源泉温度は38℃。

長野県 別所温泉

別所温泉(べっしょおんせん)は、長野県上田市別所温泉にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第66位にも選ばれた人気の高い温泉。信州で最も古い歴史をもつ温泉の一つ。古代からこの出湯の効能はひろく知れわたり観音様がまつられました。北向観音を中心として長楽・安楽・常楽のいわゆる三ヶ寺ができて、別所は仏教・学問の中心地ともなっています。多くの「国宝」・「重要文化財」級の文化遺産が残され、”文化財の宝庫” ”信州の鎌倉”として全国に知られるようになっています。