【2020年9月版】山形県 鳥海温泉のおすすめ情報まとめ

山形県飽海郡遊佐町吹浦西浜にある鳥海温泉(ちょうかいおんせん)のおすすめ情報をまとました。

山形県飽海郡遊佐町吹浦西浜

鳥海温泉の人気おすすめ動画

鳥海温泉の人気おすすめ温泉動画(YouTube)をご紹介します。

第5回遊佐町クラシックカーミーティング

注目  【山形県 鳥海温泉】第5回遊佐町クラシックカーミーティング

2019年7月16日 14:45

平成25年9月1日(日) 山形県飽海郡遊佐町吹浦 鳥海温泉 遊楽里 駐車場特設会場で開催された、「第5回遊佐町クラシックカーミーティン...

第3回遊佐町クラシックカーミーティング

注目  【山形県 鳥海温泉】第3回遊佐町クラシックカーミーティング

2019年7月16日 14:45

平成23年9月4日(日) 山形県遊佐町 鳥海温泉 遊楽里駐車場で開催された「第3回遊佐町クラシックカーミーティング」の模様です。

第5回遊佐町クラシックカーミーティング発動機実演

注目  【山形県 鳥海温泉】第5回遊佐町クラシックカーミーティング発動機実演

2019年7月16日 14:45

平成25年9月1日(日) 山形県飽海郡遊佐町吹浦 鳥海温泉「遊楽里」駐車場特設会場で開催された、「第5回遊佐町クラシックカーミーティン...

第2回遊佐町クラシックカーミーティング

注目  【山形県 鳥海温泉】第2回遊佐町クラシックカーミーティング

2019年7月16日 14:45

2010年9月5日(日) 山形県遊佐町 鳥海温泉 遊楽里駐車場で開催された「第2回遊佐町クラシックカーミーティング」の模様です。

遊佐 鳥海 女鹿 羽越線沿い@山形県 20090920 山形:東北旅行その5

注目  【山形県】遊佐 鳥海 女鹿 羽越線沿い@山形県 20090920 山形:東北旅行その5

2019年7月16日 14:45

09年のシルバーウィークとやらに東北にいってきたときの映像、2日目です。 酒田を抜け、国道7号沿い・・・とおもったら気まぐれで遊佐駅方面...

神社走れ!御朱印ハンター 遊佐町/鳥海山大物忌神社吹浦口之宮Collecting Red Ink Stamps#65

【山形県】神社走れ!御朱印ハンター 遊佐町/鳥海山大物忌神社吹浦口之宮Collecting Red Ink Stamps#65

2019年7月16日 14:45

今回は山形県飽海郡遊佐町にある鳥海山大物忌神社/吹浦口之宮を紹介しています。 I'd like to introduce you to the Choukaisan Ohmonoimi Shrine . 大物忌神社は...

山形県鶴岡市 湯野浜温泉 龍の湯かけ流し放流式

【山形県】山形県鶴岡市 湯野浜温泉 龍の湯かけ流し放流式

2009年2月12日 19:09

JR鶴岡駅もしくは近接のエスモール(ショッピングモール)から湯野浜温泉行きバスで690円 湯野浜温泉街から少し山の手に入った所にあります。

荒埼灯台から望む日本海と鳥海山

【山形県】荒埼灯台から望む日本海と鳥海山

2019年9月22日 16:30

山形県鶴岡市の加茂水族館近くに建っている灯台です。 日本海、鳥海山、湯野浜温泉等を一望できる絶景のスポットです。

山形県遊佐町 西浜キャンプ場 のお勧め❢1/3 西浜海水浴場鳥海山

【山形県】山形県遊佐町 西浜キャンプ場 のお勧め❢1/3 西浜海水浴場鳥海山

2019年7月16日 14:45

2017.9.16~17 山形県遊佐町にある「西浜コテージ村・キャンプ場」に訪れた時の【1/3】の初日の夜までの動画です。周辺には日帰り温泉・ 道の駅もあ...

釜磯海水浴場の湧水山形県遊佐町

【山形県】釜磯海水浴場の湧水山形県遊佐町

2019年7月16日 14:45

釜磯海水浴場の湧水の様子を撮った動画です。 砂浜から鳥海山の水が湧き出ている不思議な光景です。

山形県遊佐町 西浜コテージキャンプ場 3/3 のお勧め! 鳥海山西浜海水浴場

【山形県】山形県遊佐町 西浜コテージキャンプ場 3/3 のお勧め! 鳥海山西浜海水浴場

2019年7月16日 14:45

2017.9.16~17 山形県遊佐町にある「西浜コテージ村・キャンプ場」に訪れた時の【3/3】就寝~翌日のキャンプ場を後にするまでの動画です。 周辺には...

にっぽんの温泉100選 選出歴

2018年(32回) 選外
2017年(31回) 選外
2016年(30回) 選外
2015年(29回) 選外
2014年(28回) 選外

みんなのクチコミ

鳥海温泉についての感想・質問・情報を投稿できます。

鳥海温泉の人気おすすめ旅館&ホテル

鳥海温泉や山形県酒田・鶴岡で人気の高いおすすめの温泉旅館やホテルをご紹介します。

鳥海温泉 遊楽里


鳥海温泉 遊楽里

5,700円〜
(税別・大人1人1泊の料金)

さぁ!今年こそ会いに行こう♪ 日本百名山 鳥海山を眺める旅へ春夏秋冬、懐かしい日本の原風景を眺められる宿、遊楽里。話題の映画「おくりびと」で上映された、鳥海山を眺められるスポットまでは宿より車で約10分!「自然」「温泉」「山海の幸」を堪能できる宿。

鳥海温泉の気になるニュース

山形県「鳥海温泉」に関係のあるニュース記事をご紹介します。

人気の登山スポットランキング、夏の1位「鳥海山」


NTTレゾナントが8日発表した人気の登山スポットランキングで夏の1位は「鳥海山」となった。 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、 ...

2019年8月14日 - 観光経済新聞

鳥海ダムに沈む集落記録 由利本荘の三浦さん「百宅」の風景後世へ


2028年に完成予定の鳥海ダム建設に伴い、ダム湖に沈む秋田県由利本荘市鳥海町の百宅(ももやけ)集落の写真を撮り続けてきた同市の農業三浦繁忠さん(83)が、集落 ...

2019年4月19日 - 河北新報

鶴岡駅「駅の弁当 庄内弁」(1,200円)~温泉と食で庄内を満喫! (2019年3月15日)


【ライター望月の駅弁膝栗毛】鳥海山を望みながら、庄内平野を駆け抜ける特急「いなほ」号。新潟~酒田間を中心に運行され、一部の列車は秋田まで足を伸ばします。

2019年3月15日 - エキサイトニュース

女鹿地区のアマハゲのレプリカ


ユネスコ無形文化遺産に昨年登録された「遊佐の小正月行事(アマハゲ)」を紹介した展示が現在、鳥海温泉 遊楽里(飽海郡遊佐町吹浦字西浜)で行われている。

2019年2月21日 - 山形経済新聞

<奥羽の義 戊辰150年>(31)鳥海の頂越えて奇襲作戦


第5部 列藩同盟崩壊/新徴組 1868(慶応4)年旧暦7月28日、庄内藩の部隊「新徴(しんちょう)組」が鳥海山(2236メートル)を一気に下り、奥羽越列藩同盟を離脱した ...

2018年12月23日 - 河北新報

山形の鳥海山麓にあるフシギなBAR? 「ヨー子」にハマる人が増えているらしい


山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だけ開店 ...

2018年11月4日 - TABI LABO

図柄入りナンバープレート:申し込み始まる 出足まずまず サクランボ125台、鳥海山45台 /山形


10月から交付が始まる全国41地域の名産品や景勝地などをあしらった「図柄入り自動車用ナンバープレート」の事前申し込みで、プロ野球・広島東洋カープの図柄をあしらっ ...

2018年9月20日 - 毎日新聞

山形)初秋を歩いて体感 鳥海ツーデーマーチ始まる


山形県遊佐町の鳥海山麓(さんろく)を巡る第26回奥の細道鳥海ツーデーマーチ(遊佐町、日本ウオーキング協会、朝日新聞社など主催)が1日始まった。秋晴れの空の ...

2018年9月2日 - 朝日新聞社

凍らぬ滝、不思議な池 湧水を巡る山形・遊佐の旅|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE


初夏、田植えを終えた水田が目に鮮やかな季節です。出羽富士の異名を持つ鳥海山の麓、庄内地域は水が育んだ素朴な暮らしや神秘的なスポットが魅力。山形県遊佐町を ...

2018年6月15日 - 日本経済新聞

八幡平といえば「岩手」、十和田湖は「青森」、鳥海山は「山形」 どれも秋田県境にあるのに...(2018年5月31日)|BIGLOBEニュース


国境を接しあっている国や民族構成が多様な地域などでは、しばしば領土問題、帰属問題が生じる。日本も無縁ではないのだが、島国という性質上、本土で領土や帰属を ...

2018年5月31日 - BIGLOBEニュース

特集 インタビュー デスティネーション山形 山形県知事 吉村美栄子氏 | ホテル・レストラン・ウエディング業界ニュース


日本百名山の内、鳥海山、月山、蔵王山など6 座を有し、県土面積は全国で9 番目(9323㎡)に位置し、日本で最も多い230 カ所の滝がある自然に恵まれているのが、 ...

2018年3月9日 - 週刊ホテルレストラン(株式会社オータパブリケイションズ)

初冬の風物詩:大根のカーテン 鳥海山と白さを競う


初冬の風物詩・大根干し作業が、山形県酒田市南部の砂丘畑で始まった。「ひときわ美しい仕上がり」(農協関係者)という今年の大根。やぐらに掛けられてカーテンのように ...

2017年11月15日 - 毎日新聞

近隣のおすすめ温泉

山形県 蔵王温泉


蔵王温泉(ざおうおんせん)は、山形県山形市蔵王温泉にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第23位にも選ばれた人気の高い温泉。蔵王温泉は、高湯温泉、最上高湯とも呼ばれ、白布(山形県)、信夫(福島県)とともに「奥羽三高湯」に数えられます。強い酸性の硫黄泉は、皮膚に良く効き、肌を白く滑らかにするため「姫の湯」「美人づくりの湯」と言われています。温泉本来の成分を感じてもらおうと、多くの施設で源泉100%掛け流しの湯を楽しめます。

山形県 上山温泉


上山温泉(かみのやまおんせん)は、山形県上山市新湯・湯町にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第64位にも選ばれた人気の高い温泉。上山は会津の東山、庄内の湯野浜と並び、「奥羽三楽郷」と称えられる温泉地です。地区ごとに、湯町、十日町、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶など多くの温泉があって、総称して「かみのやま温泉」と呼ぶ。おおむね塩化物泉(ナトリウム塩化物・硫酸塩泉)で神経痛・創傷・皮膚病等に効能があると言われる。

山形県 天童温泉


天童温泉(てんどうおんせん)は、山形県天童市鎌田にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第88位にも選ばれた人気の高い温泉。将棋の駒の生産が全国の95%を占めることで有名な天童市は、みちのくの旅情あふれる温泉街としてもその名が高い。温泉の泉質はアルカリ泉で、肌にやさしい女性向きの温泉です。さくらんぼをはじめ、ぶどうやりんごなどのフルーツ狩りや陶芸体験、そば打ち体験なども楽しめます。

山形県 銀山温泉


銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市大字銀山新畑にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第26位にも選ばれた人気の高い温泉。大正ロマンの風情溢れる温泉郷。日が暮れると温泉街にガス灯が灯ってさらにロマンチックに。共同浴場や足湯などもあるので銀山の湯を満喫してみては。温泉はもちろんのこと、そばや尾花沢牛などもぜひ食してみてほしい。ひとつひとつの宿が、それぞれ趣のある佇まいで、温泉街を眺めているだけでも時間を忘れてしまいそう!

山形県 湯野浜温泉


湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)は、山形県鶴岡市湯野浜にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第85位にも選ばれた人気の高い温泉。日本海に面してホテルや旅館が約20軒ほど建ち並ぶ温泉街です。眺望と日本海の新鮮な魚介類が味わえる食事が自慢のホテルや旅館が多くあります。広い砂浜が眼下にあって、特に夏は海水浴やマリンスポーツに楽しむ人達で賑わいを見せます。

山形県 あつみ温泉


あつみ温泉(あつみおんせん)は、山形県西田川郡温海町湯温海にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第59位にも選ばれた人気の高い温泉。千年以上もの間、守り伝えられてきた温海温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉。温泉街の真ん中には温海川が流れていて、春には河川敷の桜が見事に咲き誇るとのことです。山に囲まれ静かな温泉街だが、車で数分行けば海もあり日本海の魚介類も味わえる。

山形県 新高湯温泉


新高湯温泉(しんたかゆおんせん)は、山形県米沢市関にある温泉。標高1126m、背後に西吾妻山がそそり立ち前方には朝日連峰が一望できる一軒宿の温泉です。米沢市内から車で40分程。天元台高原のロープウェイ湯元駅から車で5分程の山中にあって、自噴する温泉は山峡を望む露天風呂のほか、木の根をくり抜いた露天風呂など多彩な風呂が楽しめます。

山形県 白布温泉


白布温泉(しらぶおんせん)は、山形県米沢市関にある温泉。開湯700余年前、古くから湯治場として愛されて、福島高湯温泉、山形蔵王温泉と並び、奥州三高湯のひとつに数えられています。秘境と呼ぶにふさわしい山懐の地で、地元の人の避暑地となっています。周囲には、植物は勿論、ニホンカモシカなどの動物も多く生息し、世界でも珍しい白ザルの里としても名高い。

山形県 五色温泉


五色温泉(ごしきおんせん)は、山形県米沢市板谷五色温泉にある温泉。開湯は約1300年前、自然あふれる山の中腹にあって、役ノ小角が五色の湯煙を見て発見したと伝えられる東北でも5番目に古い歴史がある温泉です。伊達氏、蒲生氏そして上杉氏へ秘湯として受け継がれていった歴史を持つ。古くから霊湯として、またよく温まる湯は子宝の湯として利用されてきました。

山形県 湯の沢温泉


湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、山形県米沢市関根にある温泉。源泉は古くより元禄時代(約300年前)以前の諸国温泉効能鑑にも載っている古い温泉で、深傷を負った猿が湯につかり傷を癒しているのを義経の家臣が見つけたものが初めとされる由緒ある温泉で、お二人様専用の宿「湯の沢温泉時の宿すみれ」が一軒宿として佇む。泉質は単純温泉で肌に優しい湯。

山形県 小野川温泉


小野川温泉(おのがわおんせん)は、山形県米沢市小野川町にある温泉。約1200年前に小野小町が発見したといわれる歴史ある温泉です。泉質は、高温の含硫黄(ナトリウム・カルシウム)塩化物泉。140~160万/CC以上のマイナスイオンが含まれる源泉は、日本では小野川温泉を入れても3ヶ所ぐらい。共同浴場「尼湯」と、滝清水の前に飲泉所があって、源泉を飲むこともできます。

山形県 赤湯温泉


赤湯温泉(あかゆおんせん)は、山形県南陽市赤湯にある温泉。「赤湯」の由来は、今から900年前、八幡太郎義家の弟義綱が、渾々と湧き出す湯を発見し、戦いで傷ついた家来たちを湯に入れると、たちまち傷が治り、傷から出た血で温泉は深紅に染まったと言われることから。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物温泉です。源泉は63度で、きりきず、やけど、皮膚病などに効くという。