Onsen Fan/温泉ファン
温泉のすべてがわかる動画メディア

【2021年3月版】北海道の人気おすすめ温泉まとめ(2ページ目)

北海道で人気の高いおすすめ温泉の情報をまとめました。温泉の解説のほか、YouTube動画・最新ニュースも掲載しています。さらに、イチオシ温泉旅館&ホテルのお得な宿泊プランの情報も。2021年3月版の2ページ目です。

「温泉 鳳乃舞音更」「しんしのつ温泉」「雄阿寒温泉」「みなぴりかの湯」「盃温泉」など20件の温泉地を掲載しています。

北海道 温泉 鳳乃舞音更


温泉 鳳乃舞音更(おんせん ほうのまいおとふけ)は、北海道河東郡音更町木野西通17丁目2番44にある温泉。十勝平野と帯広市街を一望できる高台にある幕別温泉です。歴史資料館や、若山牧水の歌碑があり観光客も多くあります。茶褐色の含重曹食塩泉はリウマチや神経痛などのほか、皮膚病にもよく肌がスベスベになると言われています。また豚丼が有名な帯広市街にも源泉をもつホテルが点在していて、出張で温泉を楽しむことができます。花畑牧場も近い。

北海道 しんしのつ温泉


しんしのつ温泉(しんしのつおんせん)は、北海道石狩郡新篠津村第45線北2番地にある温泉。札幌から車で40分、新篠津村にある温泉です。目の前には、三日月のかたちをした「しのつ湖」があります。夏場はアウトドアやアクティビティ、冬はわかさぎ釣りと一年を通して楽しむことができます。晴れの日には夕日が湖を黄金職に変え、穏やかな雰囲気のなかでのんびりと自然を満喫。心も体も癒される、大自然がそこあります。

北海道 雄阿寒温泉


雄阿寒温泉(おあかんおんせん)は、釧路市阿寒町字オクルシュベ3-1にある温泉。特別天然記念物マリモの生息地として知られる阿寒湖畔の南側に湧きでた温泉です。国道241号線から1本湖よりにある通りに沿って旅館お土産店、飲食店などが集中していて、昔ながらの温泉街という感じです。旅館やホテルのほとんどは湖に面しているので、部屋や露天風呂から阿寒湖の景色が一望できます。泉質は単純泉、硫黄泉等です。

北海道 みなぴりかの湯


みなぴりかの湯(みなぴりかのゆ)は、北海道旭川市宮下通10丁目5番にある温泉。行動展示で人気の旭山動物園や、旭川ラーメンで全国にその名を知られる旭川市を含む旭川周辺エリアです。三浦綾子記念文学館など文化的な施設もたくさん。また、大雪山の伏流水を用いた日本酒も造られていて、男山酒造、高砂酒造、大雪乃蔵などの酒蔵があります。周辺エリアには大雪山系や美瑛、富良野もあって、自然も多くあります。

北海道 盃温泉


盃温泉(さかずきおんせん)は、北海道古宇郡泊村興志内村220-11にある温泉。岩内、寿都、泊など、後志管内の海沿いの温泉です。積丹半島を見渡せる温泉や、日本海を一望できる温泉など、沿岸ならではの温泉が楽しめます。海にも山にも近いため、食材も豊富なのがこのエリアの特徴。積丹や岩内、寿都で獲れる海の幸や、仁木やニセコの野菜などが集まります。

北海道 Ki Niseko温泉


Ki Niseko温泉(き にせこおんせん)は、北海道虻田郡倶知安町山田183-43にある温泉。ニセコアンヌプリを中心としたニセコ連峰と、羊蹄山の麓に広がるニセコ。豊かな自然を存分に満喫できるこのエリア周辺には、昆布川温泉、アンヌプリ温泉、新見温泉、湯本温泉、五色温泉、東山温泉などの温泉があって、まさに温泉パラダイスです。雄大な自然を満喫した後は温泉郷巡りで心と身体を癒そう。

北海道 ピンネシリ温泉


ピンネシリ温泉(ぴんねしりおんせん)は、北海道枝幸郡中頓別町字敏音知143番地2にある温泉。稚内市・猿払村・浜頓別町・中頓別町・枝幸町・豊富町の6市町村からなっています。豊富町の温泉は、「油風呂」とも呼ばれる特徴的な湯で、弱い石油臭のある肌にやさしい泉質です。また、クッチャロ湖畔にあるはまとんべつ温泉は黄色がかった湯。肌がすべすべになる「美人の湯」と言われています。広いエリアで様々な泉質が楽しめます。

北海道 三笠天然温泉


三笠天然温泉(みかさてんねんおんせん)は、北海道三笠市岡山 1042-20にある温泉。空知管内の中央にある10市町全てに温泉があります。旧炭鉱の採炭鉱より湧出している歌志内市のチロルの湯や、アルカリ性なので皮膚表面の脂肪分や分泌物が乳化し洗い流されて、肌がすべすべする滝川温泉、別名『化粧の湯』とも呼ばれるほどお肌がしっとりする芦別温泉などがあります。

北海道 ふるさと温泉


ふるさと温泉(ふるさとおんせん)は、北海道樺戸郡新十津川町総進189-1にある温泉。空知管内の中央にある10市町全てに温泉があります。旧炭鉱の採炭鉱より湧出している歌志内市のチロルの湯や、アルカリ性なので皮膚表面の脂肪分や分泌物が乳化し洗い流されて、肌がすべすべする滝川温泉、別名『化粧の湯』とも呼ばれるほどお肌がしっとりする芦別温泉などがあります。

北海道 小清水町第2源泉井


小清水町第2源泉井(こしみずちょうだいにげんせんい)は、北海道斜里郡小清水町字小清水681番地1にある温泉。斜里郡斜里町にある斜里温泉は泉質が弱アルカリ性の低調性温泉です。濃度炭酸水素ナトリウム「重曹」と植物性とドロ灰の温質で、ドイツ語で「モール湯」とも呼ばれ、全身体を包むように内部から暖め、脳脊髄と諸器官の連作を強め、知覚運動を助勢し、肉体・頭脳・神経のバランスを整え諸器官の各所を癒します。

北海道 ニセコモイワ山温泉


ニセコモイワ山温泉(にせこもいわやまおんせん)は、北海道虻田郡ニセコ町445-3にある温泉。ニセコアンヌプリを中心としたニセコ連峰と、羊蹄山の麓に広がるニセコ。豊かな自然を存分に満喫できるこのエリア周辺には、昆布川温泉、アンヌプリ温泉、新見温泉、湯本温泉、五色温泉、東山温泉などの温泉があって、まさに温泉パラダイスです。雄大な自然を満喫した後は温泉郷巡りで心と身体を癒そう。

北海道 斜里温泉


斜里温泉(しゃりおんせん)は、北海道斜里郡斜里町西町13番地13にある温泉。斜里郡斜里町にある斜里温泉は泉質が弱アルカリ性の低調性温泉です。濃度炭酸水素ナトリウム「重曹」と植物性とドロ灰の温質で、ドイツ語で「モール湯」とも呼ばれ、全身体を包むように内部から暖め、脳脊髄と諸器官の連作を強め、知覚運動を助勢し、肉体・頭脳・神経のバランスを整え諸器官の各所を癒します。

北海道 しほろ温泉


しほろ温泉(しほろおんせん)は、北海道河東郡士幌町字下居辺西2線134番地にある温泉。お湯は、植物性の有機質を多く含んだ世界的にも珍しいモール泉で、肌に触れるとツルツルとした感触があって、とても滑らかです。しほろ温泉は源泉100%掛け流しで、湯色は飴色をしています。道の駅を兼ねていることもあって、ドライブでの立ち寄りなど日帰り客も多数で、周辺の景色と併せて、旅の疲れと心を癒してくれます。

北海道 豊浦温泉


豊浦温泉(とようらおんせん)は、北海道虻田郡豊浦町浜町地先にある温泉。有珠山噴火の影響も薄れ、新しいリゾート温泉地として生まれ変わった洞爺湖温泉です。比較的温暖な気候で、雪も少なく冬でも快適に過ごせるのが魅力だ。壮瞥温泉は洞爺湖の南岸に位置し、背後には有珠山、昭和新山を控えとても眺めがよい。隣接する洞爺湖温泉とは趣を異にした自然環境に恵まれた温泉郷です。

北海道 夫婦善哉


夫婦善哉(めおとぜんざい)は、北海道夕張市高松7番地1にある温泉。南空知には空知管内の夕張市、岩見沢市、美唄市、三笠市、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町の9市町が含まれ、それぞれの市町に温泉があります。泉質も異なり、コーヒー色の温泉や(由仁町)、角質をやわらかくする作用があると言われるナトリウム-炭酸水素塩泉の温泉(夕張市)などを楽しむことができます。

北海道 シララの湯


シララの湯(しららのゆ)は、北海道積丹郡積丹町大字西河町14番2にある温泉。岩内、寿都、泊など、後志管内の海沿いの温泉です。積丹半島を見渡せる温泉や、日本海を一望できる温泉など、沿岸ならではの温泉が楽しめます。海にも山にも近いため、食材も豊富なのがこのエリアの特徴。積丹や岩内、寿都で獲れる海の幸や、仁木やニセコの野菜などが集まります。

北海道 薄別温泉


薄別温泉(うすべつおんせん)は、北海道札幌市南区定山渓858番地1にある温泉。札幌市から南西に約30km、国道230号を1時間ほど走ると、近代的ホテルや風情ある旅館が渓谷の中にあらわれる。温泉名は慶応2(1866)年、修行僧の美山定山が源泉を発見した事が由来。札幌の奥座敷として人気が高く、札幌から日帰りで温泉を楽しむ人も多くあります。泉質はナトリウム塩化物泉、効能は神経痛、胃腸病などです。

北海道 稚内温泉 大将の湯


稚内温泉 大将の湯(わっかないおんせん たいしょうのゆ)は、北海道稚内市大黒1丁目7-19にある温泉。北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を標す記念碑があって、まさに日本のてっぺんに位置する稚内。ノシャップ岬からは、利尻礼文も望め、天気が良ければ利尻富士も見られます。また、夏には原生花を見ることができて、冬はゴマフアザラシや犬ぞりレースなど、四季を通しての楽しみもあります。

北海道 天然温泉士別ホテル美し乃湯温泉


天然温泉士別ホテル美し乃湯温泉(てんねんおんせんしべつほてるうつくしのゆおんせん)は、北海道士別市大通東17丁目3143番地にある温泉。道北・士別市の国道40号線沿に位置。道北の観光拠点におすすめ。無色、澄明、塩味、ほとんど無臭のナトリウム塩化物泉。ナトリウム、カルシウムを豊富に含んでおり、適応症は、リュウマチ、冷え性、打ち身、捻挫、婦人病、腰痛、神経痛、胃腸病といわれる。

北海道 龍乃湯温泉


龍乃湯温泉(たつのゆおんせん)は、北海道旭川市東旭川町上兵村91番地にある温泉。旭川市内中心部より車で約20分、旭山動物園へ約10分の温泉です。適応症(浴用)は、単純鉄冷鉱泉。神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、健康増進、月経障害。飲用は食後に引用し、飲用の直後に茶、コーヒーなどを飲まないこと(鉄含有)