【2020年8月版】新潟県の人気おすすめ温泉まとめ

新潟県で人気の高いおすすめ温泉の情報をまとめました。温泉の解説のほか、YouTube動画・最新ニュースも掲載しています。さらに、イチオシ温泉旅館&ホテルのお得な宿泊プランの情報も。2020年8月版です。

「越後湯沢温泉」「月岡温泉」「瀬波温泉」「ひなた鉱泉」「宮中島の湯」など12件の温泉地を掲載しています。

新潟県 越後湯沢温泉

越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)は、新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第86位にも選ばれた人気の高い温泉。開湯800年の歴史をもつ越後湯沢温泉は、川端康成の小説「雪国」の舞台としても知られています。新幹線、車(高速道路)ともにアクセスがよく、冬のスキー・スノーボード以外にも、トレッキング・郷土料理・地酒など、一年を通して楽しめます。また気軽に入れる外湯も充実しています。

新潟県 月岡温泉

月岡温泉(つきおかおんせん)は、新潟県北蒲原郡豊浦町月岡にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第16位にも選ばれた人気の高い温泉。美人を作る温泉として知られる月岡温泉です。美肌効果のある硫化水素泉で街はほのかに硫黄の香に包まれています。温泉街には大小24軒の旅館が立ち並びます。料理には新潟の山海の旬の幸がふんだんに使われ、目と舌を喜ばせてくれます。辺り一面を染める「田んぼに沈む夕陽」は最も新潟らしい風景の一つです。

新潟県 瀬波温泉

瀬波温泉(せなみおんせん)は、新潟県村上市瀬波温泉にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第52位にも選ばれた人気の高い温泉。日本最北の茶所・城下町風情を残す村上市より車で約10分。日本海に沈む夕陽が美しい事で知られている瀬波温泉です。目の前の海で取れる新鮮な魚料理や最高賞受賞の村上牛などが会席で楽しめます。また、三面川を秋から冬にかけ遡上する鮭料理も伝統の味の一品です。美味しい地酒もあります。

新潟県 ひなた鉱泉

ひなた鉱泉(ひなたこうせん)は、新潟県上越市三和区宮崎新田115-1にある温泉。関東圏から3時間とアクセスも良好。海水浴をはじめサーフィンなどのマリーンスポーツも盛ん。また、地元の漁師さんと共に引く観光地引網体験も楽しいイベントとして人気が高い。捕れた魚は持ち帰り、または宿泊の宿で調理も可能。水平線に沈む夕陽と遠くに望む佐渡ヶ島は絶景。季節ごとの旬の魚料理が自慢。

新潟県 宮中島の湯

宮中島の湯(みやなかじまのゆ)は、新潟県十日町市宮中にある温泉。雄大な八海山と魚野川、三国川の恵み豊かな六日町に昭和32年に沸いた温泉です。温泉街は魚沼丘陵と西山の悦の地区に分かれています。近くには数々のスキー場があって、スキー客で賑わい、春から秋にかけては越後三山や奥只見への観光拠点としても便利。

新潟県 新胎内温泉

新胎内温泉(しんたいないおんせん)は、新潟県胎内市夏井1191番地3にある温泉。新潟県北部、山と平野と海に囲まれた自然環境豊かな土地に位置する胎内温泉です。近くに日本屈指の山脈、飯豊連峰を眺め、胎内川が流れる絶景のロケーションも楽しめます。温泉は、触ればすぐに分かるほどのぬるっとした濃厚な高ナトリウム泉質が特徴。皮膚の角質を軟化させ皮脂を洗い流し「美肌」効果があると言われています。

新潟県 くびき野温泉

くびき野温泉(くびきのおんせん)は、新潟県上越市下門前162にある温泉。●ナトリウム塩化物泉●効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復期、健康増進●地下1500メートルからの源泉を利用。湧出量は毎分62リットル、温度は40.5度。温まっていただくために、少しだけ加熱しています。

新潟県 神の宮温泉

神の宮温泉(かみのみやおんせん)は、新潟県妙高市大字神宮寺31-3にある温泉。無色透明のつるつるとした感触の天然温泉100%(加温)の湯は、天然成分の「メタケイ酸」を基準の3倍も含有。新陳代謝を促進して肌につややかな潤いを与えてくれる「化粧水」のようだと言われています。湯上りも体が冷めにくく、髪を流す時に利用するとトリートメントにもなるぬめりの強さが特徴。

新潟県 秋葉温泉

秋葉温泉(あきはおんせん)は、新潟県新津市草水町にある温泉。

新潟県 相川温泉

相川温泉(あいかわおんせん)は、新潟県佐渡郡相川町鹿伏333にある温泉。

新潟県 長峰温泉

長峰温泉(ながみねおんせん)は、新潟県中頸城郡吉川町長峰にある温泉。

新潟県 霧ヶ岳温泉

霧ヶ岳温泉(きりがたけおんせん)は、新潟県東頸城郡浦川原村小谷島にある温泉。