【2020年5月版】東海の人気おすすめ温泉まとめ(4ページ目)

東海で人気の高いおすすめ温泉の情報をまとめました。温泉の解説のほか、YouTube動画・最新ニュースも掲載しています。さらに、イチオシ温泉旅館&ホテルのお得な宿泊プランの情報も。2020年5月版の4ページ目です。

「大白川温泉」「三保はごろも温泉」「磐田天神の湯」「池田さくら温泉」「養老温泉」など12件の温泉地を掲載しています。

岐阜県 大白川温泉

大白川温泉(おおじらかわおんせん)は、岐阜県大野郡白川村平瀬字地獄谷にある温泉。豊富な湯量の源泉を贅沢にかけ流しで愉しめる(※加水)。アルカリ性低張性の源泉は湯治に訪れるリピーターもたくさんあり、温泉愛好家の間では隠れた名湯として評判。また露天風呂から眺める緑豊かな自然の景色は開放感いっぱい。世界遺産白川郷から車約15分・白川国立公園まで車約30分と周辺観光にも便利。

静岡県 三保はごろも温泉

三保はごろも温泉(みほはごろもおんせん)は、静岡県静岡市清水区三保2108にある温泉。日本三台松原の一つ「羽衣伝説」で知られる三保の松原の近く、2006年4月に湧出した温泉です。泉質は含銅ナトリウム・塩化物・強塩温泉で、泉温は26.5℃、pH7.8、毎分45リットル湧出。黄色微濁で海に近い為塩辛い温泉でよく温まる。加温あり、加水・循環・濾過なし、塩素消毒ありのかけ流しだが、塩素臭は気にならない程度。

静岡県 磐田天神の湯

磐田天神の湯(いわたてんじんのゆ)は、静岡県磐田市岩井2280にある温泉。2005年の9月オープン。地下1500mから湧き出ており藻の成分をいっぱい含んでいるためミネラル分が豊富な温泉です。磐田グランドホテル内あります。湯上りはしっとりとしたお肌になり、黒褐色のにごり湯というのも人気の秘密。エステも充実、トレーニングルームや休憩スペースもあります。

岐阜県 池田さくら温泉

池田さくら温泉(いけださくらおんせん)は、岐阜県養老郡養老町養老534にある温泉。ほとんど無色透明・無味無臭のアルカリ性単純泉。効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進に良いと言われています。また湯上り後に肌がツルツルになると評判。

岐阜県 養老温泉

養老温泉(ようろうおんせん)は、岐阜県養老郡養老町押越字除下1522-1にある温泉。おとぎ話で有名な「養老の滝」近くに位置するのどかな温泉地です。東海圏はもとより、関西圏からも好アクセス。源泉は湯温42度で、毎分560リットルの湯量。微かに褐色を帯びた濁りがみられる無臭の泉質です。神経痛、筋肉痛、関節痛、きりきず、慢性皮膚病などに効くといわれています。

岐阜県 神明温泉

神明温泉(しんめいおんせん)は、岐阜県関市板取4838にある温泉。清流長良川の支流板取川沿いに位置する山間の秘湯です。毎分180リットルの豊富な湯量と、とろりとした無色透明の泉質が特徴。美肌効果があると言われている弱アルカリ性単純泉は愛好家の間で好評。悠山の麓にある露天風呂からは四季折々の鮮やかな渓谷美を堪能できます。

静岡県 冷川温泉 冷川5号

冷川温泉 冷川5号(ひえかわおんせん ひえかわごごう)は、静岡県伊豆市冷川字上尾995-4にある温泉。伊豆を南北に二分する天城山脈の山中にあり深い緑に包まれる大変静かな場所に位置する。湯治客がひそかに通う、「ツウ」好みの温泉です。源泉の濃度も高く、少し黄褐色の湯は心身共に癒してくれます。地域ぐるみで行っている「グリーンツーリズム」など温泉以外でのリフレッシュもできます。

三重県 志摩スペイン村 ひまわりの湯

志摩スペイン村 ひまわりの湯(しますぺいんむら ひまわりのゆ)は、三重県志摩市磯部町坂崎字下山952番23にある温泉。電車で大阪から約2時間30分、名古屋から約2時間に位置するリゾート地。あわび・カキ・伊勢海老など海幸が豊富で、日本有数のリアス式海岸、英虞湾を望むこともできて、絶景でも有名です。夕日の美しさを楽しむ露天風呂もあります。泉質は、ナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉などです。効能は、一般的適応症、やけど・切り傷などです。

愛知県 蒲郡温泉

蒲郡温泉(がまごおりおんせん)は、愛知県蒲郡市竹島町にある温泉。波、風、潮が一定している穏やかな海と、そこにぽっかり浮かぶ蒲郡のシンボル。名勝竹島。まるで日本絵画を思わせる景色を、蒲郡温泉から見渡すことができます。夏にはつつじ祭りが催され、夏には納涼船で夕涼みを楽しむことができるなど、四季折々の風情も格別です。

三重県 香肌峡温泉

香肌峡温泉(かはだきょうおんせん)は、三重県松坂市飯高町宮前177にある温泉。清流櫛田川を眺める優しい自然に癒されながら楽しめる温泉です。18.1度の冷鉱泉は効能が多いと地元はもちろん他府県からも人気です。露天風呂や大浴場のほか、釜風呂や蒸風呂、寝湯など男女とも12種の浴槽が楽しめます。赤湯波の湯の薬草風呂では香りを楽しむよもぎが使われています。

三重県 安楽島温泉

安楽島温泉(あらしまおんせん)は、三重県鳥羽市安楽島町1061-9にある温泉。2018年「にっぽんの温泉100選」第80位にも選ばれた人気の高い温泉。電車で大阪から約2時間、名古屋から約1時間30分とアクセス抜群の鳥羽市。海と海幸と温泉と三拍子そろった温泉地です。各宿泊施設ごとに泉質・効能が異なり、様々な楽しみ方があります。特に、海が見える絶景露天風呂などもあって、オススメのエリアです。主な泉質は、炭酸水素塩泉などです。主な効能は、神経痛、五十肩、皮膚病などです。

三重県 木曽岬温泉

木曽岬温泉(きそざきおんせん)は、三重県桑名郡木曽岬町源緑輪中794番地にある温泉。自家源泉の一軒宿。温泉は60℃、泉質は日本でも有数な無色無臭のアルカリ性単純泉です。岩風呂(うたせ湯)、名物料理天然肉仕様しし鍋、天然鮎使用鮎料理が自慢。ナガシマスパーランドへ車で10分、国営木曽三川公園へは車で30分とレジャーにも便利。