【2019年12月版】岡山県の人気おすすめ温泉まとめ

岡山県で人気の高いおすすめ温泉の情報をまとめました。温泉の解説のほか、YouTube動画・最新ニュースも掲載しています。さらに、イチオシ温泉旅館&ホテルのお得な宿泊プランの情報も。2019年12月版です。

「湯原温泉」「井原温泉」「遙照山温泉」「怒塚山温泉」「月の原温泉」など12件の温泉地を掲載しています。

岡山県 湯原温泉

湯原温泉(ゆばらおんせん)は、岡山県真庭郡湯原町湯本にある温泉。2016年「にっぽんの温泉100選」第85位にも選ばれた人気の高い温泉。山陽と山陰を結ぶ宿場町として栄え、今もその面影を色濃く残している湯原温泉は湯量がたくさんあり、良質で肌ざわりもなめらか。四季折々の風情が楽しめるこの温泉には湯治客の姿が絶える事はない。入浴無料で24時間入浴できる「砂湯」は旭川の川床から湧き出る名勝の露天風呂。この露天風呂は全国露天風呂番付の西の横綱と評されています。

岡山県 井原温泉

井原温泉(いばらおんせん)は、岡山県井原市井原町向町にある温泉。

岡山県 遙照山温泉

遙照山温泉(ようしょうざんおんせん)は、岡山県浅口郡金光町上竹にある温泉。

岡山県 怒塚山温泉

怒塚山温泉(いかつやまおんせん)は、岡山県岡山市郡にある温泉。

岡山県 月の原温泉

月の原温泉(つきのはらおんせん)は、岡山県上房郡賀陽町上竹にある温泉。

岡山県 鷺の巣温泉

鷺の巣温泉(さぎのすおんせん)は、岡山県上房郡賀陽町竹荘にある温泉。

岡山県 岡山桃太郎温泉

岡山桃太郎温泉(おかやまももたろうおんせん)は、岡山県岡山市牟佐2915-1にある温泉。岡山市街地から県道岡山吉井線を北へ約15分。赤磐市に入る手前に立地する温泉です。ここの湯は地下1457メートルから湧き出るアルカリ性単純温泉です。湧出量は日に450トン以上と豊富な上、泉温41.2度と高く、冬場以外は加温せず全浴槽かけ流しで利用しています。

岡山県 東吉備高原温泉

東吉備高原温泉(ひがしきびこうげんおんせん)は、岡山県和気郡佐伯町南山方金山向146にある温泉。和気町(旧佐伯町)のキャンプ場やログハウスのある三保高原に位置する。泉質は『冷鉱泉』。筋肉痛、肩こりや腰痛にきくというお湯は、日ごろの疲れを癒すのにぴったり。周囲の自然景観もまた見もの。秋にはりんご狩りもできます。

岡山県 津山温泉

津山温泉(つやまおんせん)は、岡山県津山市大田591-4にある温泉。岡山県北部は、千屋牛で有名な千屋温泉や建部温泉等があって、四季を通じて山の幸を堪能できるエリアです。また、蒜山高原のレジャー施設を始めとして体験施設も豊富です。また、新見・高梁・勝山等、由緒正しい観光スポットも数多くあり、見所の多いエリアです。

岡山県 新見千屋温泉

新見千屋温泉(にいみちやおんせん)は、岡山県新見市千屋花見にある温泉。岡山県北部は、千屋牛で有名な千屋温泉や建部温泉等があって、四季を通じて山の幸を堪能できるエリアです。また、蒜山高原のレジャー施設を始めとして体験施設も豊富です。また、新見・高梁・勝山等、由緒正しい観光スポットも数多くあり、見所の多いエリアです。

岡山県 神郷温泉

神郷温泉(しんごうおんせん)は、岡山県阿哲郡神郷町高瀬にある温泉。岡山県北部は、千屋牛で有名な千屋温泉や建部温泉等があって、四季を通じて山の幸を堪能できるエリアです。また、蒜山高原のレジャー施設を始めとして体験施設も豊富です。また、新見・高梁・勝山等、由緒正しい観光スポットも数多くあり、見所の多いエリアです。

岡山県 下湯原温泉

下湯原温泉(しもゆばらおんせん)は、岡山県真庭市下湯原24-1にある温泉。山陽と山陰を結ぶ宿場町として栄え、今もその面影を色濃く残している湯原温泉は湯量がたくさんあり、良質で肌ざわりもなめらか。四季折々の風情が楽しめるこの温泉には湯治客の姿が絶える事はない。入浴無料で24時間入浴できる「砂湯」は旭川の川床から湧き出る名勝の露天風呂。この露天風呂は全国露天風呂番付の西の横綱と評されています。