【2016年版】にっぽんの温泉100選まとめ

38 那須塩原温泉(栃木県)

那須塩原温泉(なすしおばらおんせん)は、栃木県那須塩原市下田野字街道東428-40にある温泉。江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。

61 近鉄賢島温泉(三重県)

近鉄賢島温泉(きんてつかしこじまおんせん)は、三重県志摩市阿児町賢島にある温泉。電車で大阪から約2時間30分、名古屋から約2時間に位置するリゾート地。あわび・カキ・伊勢海老など海幸が豊富で、日本有数のリアス式海岸、英虞湾を望むこともできて、絶景でも有名です。夕日の美しさを楽しむ露天風呂もあります。泉質は、ナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉などです。効能は、一般的適応症、やけど・切り傷などです。

18 焼岳温泉(岐阜県)

焼岳温泉(やけだけおんせん)は、岐阜県吉城郡上宝村一重ケ根2498-1にある温泉。奥飛騨温泉郷の中心に位置し、観光の拠点に便利。小規模な民宿から大規模な宿までそろっているので、目的や好みに合わせて宿選びができるのも魅力です。飛騨の味が楽しめる飲食店や土産物屋もあります。温水プールや露天風呂もある本格的なクア施設「ヘルシーランド奥飛騨」は地元の人達にも人気のスポットだ。

61 磯部わたかの温泉(三重県)

磯部わたかの温泉(いそべわたかのおんせん)は、三重県志摩郡磯部町渡鹿野にある温泉。電車で大阪から約2時間30分、名古屋から約2時間に位置するリゾート地。あわび・カキ・伊勢海老など海幸が豊富で、日本有数のリアス式海岸、英虞湾を望むこともできて、絶景でも有名です。夕日の美しさを楽しむ露天風呂もあります。泉質は、ナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉などです。効能は、一般的適応症、やけど・切り傷などです。

25 霧島温泉(鹿児島県)

霧島温泉(きりしまおんせん)は、鹿児島県姶良郡牧園町万膳626にある温泉。複合火山帯の霧島山系には数多くの温泉が湧出し、九州有数の温泉地です。 11種類の温泉とそれらを引く約24軒の宿が点在していて、泉質はそれぞれ違い、宿や温泉の雰囲気もバラエティ豊かだ。豊かな自然に囲まれ、四季折々の花が咲き、レジャー施設も充実しています。絶好のドライブスポットになっています。

62 白水温泉(熊本県)

白水温泉(はくすいおんせん)は、熊本県阿蘇郡白水村にある温泉。九州のシンボルである阿蘇は世界一のカルデラ。阿蘇山周辺には、栃木温泉、内牧温泉、赤水温泉など火山のエネルギーの恩恵を受けた数多くの温泉が湧き出ています。草千里、大観望などの絶景スポット、テーマパークなどの見所もたくさんあり、九州を代表する観光地で一年中観光客が絶えない。

8 指宿温泉(鹿児島県)

指宿温泉(いぶすきおんせん)は、鹿児島県指宿市十二町にある温泉。薩摩半島の東南に位置し、海岸沿いのフェニックスやヤシの木が南国ムードをかもし出しています。豊富な湯量に恵まれ、市内いたる所から湧き出る源泉は約800在ると言われる。名物の天然砂むし風呂は、海岸の砂浜で砂をかぶるユニークな入浴法。泉質はナトリウム塩化物泉で、神経痛、筋肉痛に効き、エステ効果もあると女性に人気。

101 人吉温泉(熊本県)

人吉温泉(ひとよしおんせん)は、熊本県人吉市市内にある温泉。人吉温泉の各温泉場は、街中を東西に流れる球磨川沿いに点在していて、温泉銭湯とも言うべき公衆浴場が多くあります。泉質は弱アルカリ炭酸水素塩泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛に効くとされる。世界一のウォーターシュート「球磨川下り」はスリル満点。また九州の小京都と呼ばれ、旧城下町のしっとりした情緒が味わえる。

62 栃木温泉(熊本県)

栃木温泉(とちのきおんせん)は、熊本県阿蘇郡長陽村河陽にある温泉。九州のシンボルである阿蘇は世界一のカルデラ。阿蘇山周辺には、栃木温泉、内牧温泉、赤水温泉など火山のエネルギーの恩恵を受けた数多くの温泉が湧き出ています。草千里、大観望などの絶景スポット、テーマパークなどの見所もたくさんあり、九州を代表する観光地で一年中観光客が絶えない。

62 阿蘇赤水温泉(熊本県)

阿蘇赤水温泉(あそあかみずおんせん)は、熊本県阿蘇郡阿蘇町赤水温泉にある温泉。九州のシンボルである阿蘇は世界一のカルデラ。阿蘇山周辺には、栃木温泉、内牧温泉、赤水温泉など火山のエネルギーの恩恵を受けた数多くの温泉が湧き出ています。草千里、大観望などの絶景スポット、テーマパークなどの見所もたくさんあり、九州を代表する観光地で一年中観光客が絶えない。

62 阿蘇内牧温泉(熊本県)

阿蘇内牧温泉(あそうちのまきおんせん)は、熊本県阿蘇郡阿蘇町内牧にある温泉。九州のシンボルである阿蘇は世界一のカルデラ。阿蘇山周辺には、栃木温泉、内牧温泉、赤水温泉など火山のエネルギーの恩恵を受けた数多くの温泉が湧き出ています。草千里、大観望などの絶景スポット、テーマパークなどの見所もたくさんあり、九州を代表する観光地で一年中観光客が絶えない。

7 黒川温泉(熊本県)

黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県阿蘇郡南小国町北黒川にある温泉。全国的にもその名が知られる人気温泉地です。標高700m、筑後川の支流である田の原川沿いに、懐かしさあふれる宿が立ち並び、湯治場の雰囲気を残しています。泉質は含食塩芒硝硫化水素泉で、神経痛、リウマチに効果があります。各旅館の露天風呂3ヶ所に入浴できる「入湯手形(1200円)」も人気。